年に一度のお楽しみ♪(No.84)


2021年1月12日

Tです。

寒の入りと共に、身体の芯まで冷える冬の厳しさを感じつつ、自宅ベランダのお多福南天の葉が、真っ赤に紅葉しているのを見ると、その鮮やかさにほっこりと見とれてしまいます。

昨日は鏡開きの日でした!つまり鏡餅を食べることで年神様の力を授けてもらい、新年の無病息災を願う、今日がいわば新年のスタートの日というわけです。

昨年うちは喪中でしたので新年の祝い事を控え、年賀状もだしませんでしたが。それでも寒中見舞いが旧友から届きました。
なかでも年賀状のやり取りだけが続いている筆まめの友人が10人います。
学校を卒業したての頃は、よく会っていたのですが 結婚や出産なので、年賀状だけがお互いの近況報告となり、その分細く長くおつきあいが続いています(*^-^*)

昨今、携帯の普及により年賀状離れが、若い世代では 特に多くなっていると聞きますが、私にとっての年賀状は年に一度の楽しみの一つです。(^^♪

記憶の中の友人は、まだ20代の若い姿のままですが、それぞれ結婚した時期や、子供が出来た時期や、その子供たちの成長までもが、年賀状を通じて毎年見ることができるので、ちょっとした親戚のおばちゃん気分です。(笑)。

年に1度の近況報告でもあるので、年賀状に添えられている一言に、思わず共感することも多く また微笑ましく和ませてもらっています。
たとえば、体形の変化を「重力と日々戦っています!」とか、なかには仕事をバリバリこなして責任ある地位についているキャリアウーマンの友人は、何気なく書かれているコメントが実に面白い!

新型コロナウイルスの影響で、直接会えない友人や親戚などへ送る個人の年賀状は、今年増えたとも言われています。

私の場合、直接会えない気持ちを大切に温存して、今度は「年に一度のお楽しみ」が、直接会えることを願いつつ、この1年を元気で平穏に過ごしていきたいと思います(*^-^*)


ページトップへ