おしまいの始まり


2017年8月31日

今日で、このブログもおしまいです。
「ひとみ社長」がいなくなるからです。正確に言うと、「ひとみ」が「社長」で
なくなるからです。今度の社長は現在S部長の、下村です。「下村社長」が私の後を
継いで9月1日にエコ・ワークスの社長になります。私は本日8月31日に退任します。
いろんな方に支えていただいた14年間に本当に感謝です。

このブログもスタートしてから、11年近く経ちました。一方的な独り言
ばかりで、時に、読んだ方にストレスを与えていたかもしれません。
もしそうならすみません。あくまで独り言としてお聞き流しくだされば幸いです。
言いたいことを我慢して行間に納めたり、個人情報を含むので書けなかったけど
良い話もたくさん経験させていただきました。どの話もすべて、エコ・ワークスの
社長として感じたり、体験したことがベースになっています。

さて、新社長になって、男性比率が増え・・・雰囲気がちょっと男らしくなるかと
思いきや、元々以前から女性の雰囲気があまりなかったのでイメージは変りません。
これまでどおり灌水工事や、造園工事は、お客様の要望に十分応えて、しかも
メンテナンスもフットワーク軽く。特に新社長は自動潅水への思い入れが半端
ありません。これまで以上に力が入ることでしょう。花関連や観葉植物はこのところ
ずっとU君に任せてあります。花業界のキャリアの長さを生かして奮闘します。
当初鬼だったK専務も好々爺・・でもないですが、几帳面さも知識欲も健在です。
Mさんも電話の声は実年齢より30年ほど若いです(もちろん見かけも!?)
新しくつながりのできたスタッフも。これまでのスタッフもみな引き続きがんばります。
安心して戦列離脱できるのが嬉しいです。

この暑い夏を、屋外作業で乗り越えた面々ですので、パワーも全開です。
どうぞ今後ともエコ.ワークスをよろしくお願い致します。

私は、猛獣使い?のような世界からごく普通の『おばさん』の世界へ静かに移動
していくつもりです。長い間このブログにお付き合い頂き、ありがとうございました!

 


14年間いつも眺めていた田圃の稲も穂が出始めています。
ようやく秋到来でしょうか?

ニオイ 1


2017年2月9日

今日は寒い雨ですが、昨日は少しポカポカ陽気でした。
最も、午前中日陰になる場所での作業を終えて帰ってきたYさんには、
「ぬくいことなかったわ!」と言われてしまいましたが。

私はビニルハウスで、ハンギングバスケットを作っていました。エコ・ワークスのハウスは、
加温も遮光もないので、夏は暑く、冬は寒い、特に冬場日差しが無いと非常に過酷な環境でした。
それでも、今年はちょっと『上等?』のストーブを買ったので、快適にはなりました。


ただ・・・快適になったのは人間だけではなく。猫が、ハウスを出入りしているようなのです。
敷地内は、ほとんど土で、木や草もあり、猫にも過ごしやすそう?です。多分、私たちが帰った後、
我が物顔で、うろついているに違いありません。そんなときに、ハウスの出入り口(前後二箇所)に
隙間があると、こっそりと入ってきた猫に寝床を貸すことになってしまいます。その翌日、用事で
ハウスに入って、中の猫が飛び出してきてパニックになります。大型の犬や猫が苦手な私には、
絶対『慣れる』ことができない状況なので、帰宅前に、結構入り口の閉め忘れにはぴりぴりします。

最もハウスも古くなると、猫が穴を開けてもぐりこむこともあるので、昨年のように張り替えます
ちなみに猫が入ったかどうかは独特のニオイでわかります。乾いた土の上に痕跡はないけれど、
(あっ!やったな!)という感じのニオイは強烈です。私たちが屋外作業でよく経験するこの
『ニオイ』にはみな敏感です。もちろん一般の方も同様ですが。猫対策のリフォーム(裸地を植栽に)
は結構あります。乾いた土は厳禁です。だからハウス内の土には必ずシートをかぶせて保護します。

とまあ、万全の対策での最近、いつものようにハウスの入り口を開けると、大きな猫がいるのです。
(エッ!どこから・・・向かってきたらどうしよう・・・)と固まっている私を尻目に、反対の
出入り口に向かって猫が突進し、すっと、前足で扉を開けて出て行きました。(・・・???!)
でした。猫の前足は恐るべしです。でも、これで猫対策を根本的に見直さなければなりません。

それでも冬場のハウス内の仕事は防寒対策さえあれば快適です。
ハンギングもいくつか仕上がり、今日の雨に間に合わせることができました。

自動潅水で養生します

9月でもなお暑く


2016年9月8日

このところ晴れ間が出ると急速に気温が上がるし、一気に大雨が降ると
気温が下がるし。穏やかに季節が巡っているとはとても思えません。
晴れた空の下で、ポケットの携帯には、防災情報で、大阪府下に出た
大雨注意報や警報などの連絡が入ってきます。

青空を見上げながら(本当に、降るのかな・・・)と思いますが、
最近の天気の予報の的中率は半端ではなく。数十分先の雨雲の
動きの予測は、実際の状況とほとんど変わりません。
青空が、突然鉛色になり、いわゆる「一転にわかにかき曇・・・」った
状態からの雨は猛烈でした。こんな雨が何時間も、もしくは連日
降り続いた地域の、悲惨な状況はテレビのニュースでいつも痛ましく
見ていましたが。実際、まったく身動きの取れないような雨量でした。

そんな変りやすい秋の日の中。先日はとても懐かしい方が来訪されました。
Tさんです。かれこれ、25年前からご一緒にお仕事をして、10年ほど前に
退職された方ですが。お変わりなく、お元気な姿を拝見できてとても嬉し
かったです。芝生にとてもこだわりをもっておられ、今でもボランティアで
近くの校庭の芝生管理を極上の状態に維持しておられるそうです。

この夏、まともに動けない私と違って、みな、酷暑の中の作業を次々に
乗り切ってくれました。ようやく、涼風にホッとしてもらいたいところですが・・
まだ少し残暑は厳しそうです。明日は久々に宅地の除草作業です。
随分前に、草むらのコオロギを蹴散らし、カマキリのお母さんを路頭に
迷わせた場所ですが、随分家が建って草むらが減りました。
天気予報は久々の晴れです。順調にはかどって欲しいところです。

Exif_JPEG_PICTURE

ハンギングバスケットや寄せ植えづくりもピンチヒッターが活躍です。

Exif_JPEG_PICTURE

出来立ての秋のハンギングの養生の様子です。

 

Older Posts

ページトップへ