令和元年!気持ちも新たに仕事はじめ!(No.41)


2019年5月14日

Sです

4月30日「退位礼正殿の儀」をもって平成が終わり、翌5月1日「剣璽(けんじ)等承継の儀」のあと令和がスタートしました。新しい元号に世の中は期待感もあり大いに盛り上がっています!

令和元年の初仕事として和歌山の個人邸に、芝張り作業に行ってきました。

<整地>
芝張り前の状態をつくるため、雑草、石、ガレキ類などきょう雑物(あるものの中にまじっている余計なもの)を除去。そのあと真砂土と土壌改良材も混入しながら不陸整正(地面を平らにする)をおこないながら、芝が張れる土壌状態に仕上げます。

<芝張り>
張り方も ベタ張り、目地張り、市松張り、筋張り等がありますが、今回は姫高麗芝をベタ張りしていきます。一部高さ30㎝程の築山があるので、芝がずれないよう目串も2本/枚づつ打ち込みます。

 

<目土>
張った芝生には、厚み5mmほどになるよう目土をトンボですりこんでいきます。目土は芝生と芝生の目地(すきま)をふさぎ、芝生全体の凹凸がないように均すことで芝生の発根を促す役目を果たします。目土後はローラーで転圧し締固めます。

<散水>
芝張り後、最も気をつけたいのは水切れです。根が短い分、水分吸収力が弱いですから、表面が乾いていたらたっぷり水やりをします。特に散水は朝が基本です。暖かい時期なら2週間もあれば根付きますが、毎日水をやる必要があります。散水間隔の目安は、2月は3~4日に1回、3月は2~3日に1回、4月は1~2日に1回、5~9月は毎日(夏は場合によっては朝晩)、10月は1~3日に1回、11月は2~4日に1回ぐらいです。気温が高いほど散水間隔を短くする必要があります。

 

当社では『芝生つくりハンドブック』を作成して、芝生を張らせていただいたお客さまに無料でお配りし、引き渡した後の芝生管理の参考にしていただいています。

平成最後の「年の瀬」です!(No.30)


2018年12月27日

Sです。

いよいよ平成最後の年の瀬となりました。私自身振り返れば、昭和最後の年に結婚式をあげ、平成最初の年に第1子が生まれ、平成最後の年に初孫が生まれ、個人的にはいろいろ感慨深い“平成”でありました!

残すところあとわずかとなり、年末のあいさつまわり、正月の門松の配達や、年明けの仕事の段取り、事務所の大掃除など…結構あわただしくなってきました。

さて先日の12月12日清水寺で、その年の世相を漢字1文字で表す恒例の“今年の漢字”が発表されました。その漢字は「災」でした。確かに6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨や大型台風の到来など大きな災害が次々と発生したことは記憶に新しいところです。

平成最後の年なんだから、もう少し明るい兆しのある漢字でもよかったのでは?と個人的には思ったりもしました・・・。
しかしながら発生した災害から身を守り、他人を思いやる“自助共助”を重視する人が増えたことも事実ですし、その結果 防「災」の意識が高まったことも今年の特徴と言えます!
新しい年号をを迎える平成最後の年に、そういった意識をもつことは、ある意味「災い転じて福となす!」につながるのではないかとつくづく感じています。

エコ・ワークスも今年1年間、いろいろと仕事をさせていただき、お客様ともたくさんのやりとりをさせていただきました。
特にお客様から「ご苦労様」「きれいにしてくれてありがとう」などのお声掛けは、大変ありがたく、何よりも我々スタッフ一同の励みとなりました。

改めてこのブログを通じてお礼申しあげます。今年1年間本当にありがとうございました。
そして来年も皆様にとって良い年となりますように祈念いたしますとともに、来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

まさに芸術の秋!(No.29)


2018年11月27日

Sです。

うちのベテラン職人のYさんは、剪定などの本職の腕もさることながら、絵を描いたりなどアーティストとしての才能があります。
今回披露してくれたのは、空缶の図柄を利用した貼り絵の作品でした!
作品の題材は、少年漫画で連載中の“夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げた”超人気漫画の主人公です。

貼り絵に使った材料は、缶ビール、缶コーヒーやソフトドリンクなど各種空缶の表面の図柄ですが、Yさんの手の込んでいるところは、たまたま飲み終わった空缶を使うのではなく、作品の顔に合う図柄の缶を探してそろえたということです!

ちなみにYさんはアルコールをたしなまないので、アルコール類の空缶には縁遠いにもかかわらず、作品のために集めるあたりアーティストとしてプライドのなせる業?かもしれません・・・。
ちなみに張り絵の方法は、造園屋ならではの石組の手法を使うあたり、さすがと言えます。
あまりの作品の出来栄えに会社の入口の蔦をからませた丸太につけたリースにとりつけ飾ってもらいました。Yさんの苦心の作である「空缶貼り絵」に興味のある方は、いつでも鑑賞にきてください♪♪

 

Older Posts

ページトップへ