都会のオアシス(No.22)


2018年9月10日

Sです。

休みに家族で、「さかい利晶の社」を訪ねました!3年前に開館したときから気になっていて、前を通ることはあってもなかなか行く機会がなかったので、楽しみにして中に入りました。

堺出身の偉人である千利休と与謝野晶子に関する展示を中心に、堺の歴史文化を 見て・聞いて・体験できるミュージアムです。

ガラス張で明るく清潔感のあるお洒落なエントランスから中に入ると、1階フロア展示室は江戸時代後期の堺を描いた「泉州堺絵図」の陶板フロアマップがあったり、東洋のベニスとうたわれ自由貿易都市として栄えた堺にかかわった歴史上の人物(ザビエル、千利休、織田信長、豊臣秀吉など)を詳しく解説する音声パネルもあります。
また利晶の杜のある宿院界隈の昭和初期時代を再現したジオラマ模型もあり、第2次世界対戦で焼失した戦前の堺の雰囲気も手に取るようにわかるようになっています。

1階奥には、茶の湯体験施設があり、抹茶と菓子を味わえる立礼呈茶があります。椅子席で、気軽に抹茶のお点前を体験できるものです。
お点前も表千家・裏千家・武者小路千家の3流派が交代(一定期間毎)で行うのを直接見ることができ、お茶菓子については堺名物の和菓子が週替わりで提供されます。

また2階フロアは与謝野晶子の詩歌の世界を映像と音声で体感することができ、展示にも工夫が施され晶子の作品の世界に浸ることができます。有名な与謝野晶子の短歌「君死にたまふことなかれ」をはじめ情熱の歌集「みだれ髪」など多くの作品や、晶子の歩んだ人生やゆかりの場所なども臨場感もって紹介されていました。

このミュージアムにいると、千里休と同時代に活躍した呂宋助左衛門を主役に放送されたNHK大河ドラマ「黄金の日日」ともうたわれ栄えた堺に思いをはせることができますし、日本を代表する女流歌人を世に送り出した堺の風土に触れることもできます。
特に抹茶と菓子を味わっていると、まさに都会のオアシスといった風で、贅沢な時間を過ごすことができますので、お近くにお寄りの際は是非行かれることをおすすめします!

自然災害のおそろしさ(No.21)


Sです。

近年まれに見る大型台風が、9月4日の午後近畿を縦断しあちこちで猛威をふるいました!
最大瞬間風速は50mを超える強風で飛ばされた飛来物が当たるなど7人の方が亡くなられました。街路樹はなぎ倒され、建物の壁ははがれ屋根の瓦も飛び散り、トラックがまるでおもちゃのごとく転げていくニュース映像を信じられない思いで見ていました。

アジアのハブ空港である関西国際空港は、滑走路が浸水し、空港連絡橋には大阪湾を風で流されたタンカーが橋に衝突し連絡橋を破損する事故も起き、空港利用者3000人が関空からでれず孤立するという異常事態も発生しました!

大阪に長年暮らす私にとっては、台風被害はめったにないもの!たとえ近畿に上陸しても失速して勢力は弱まるものと高を括っていただけに、これほど大きな勢力の台風が直撃したことはショックでした!

6月18日の大阪府北部地震のときと同様、都市機能が自然の猛威にはなすすべもなく、マヒしてしいました!

そんな最中に9月6日未明に北海道胆振(いぶり)地方を震源とする震度7の地震が発生しました。北海道ではこれまでなかった「内陸直下型」の地震でしたので、人々が生活している場所と震源地が近いので大きな被害となりました。これまでに亡くなられた方は40名を超える大惨事となり、更に2000人を超える人たちが避難生活を強いられている状況が続いています!

今回の大型台風は自宅にいましたので、台風が近畿に上陸して徐々に近づき、風が次第に強くなり家中が揺れ出し怖い思いをしましたので、今思い返しても背筋が寒くなります。

特に都会に暮らすものにとっては、便利で何の不自由もない生活に慣れてしまい、自然の大きな力を感じる機会は少ないのが現実です。
しかし今年に入り、立て続けに大きな自然災害のおそろしさを目の当たりにすると、いつか起きるであろう南海トラフ地震に対して、どのような備えをすべきか真剣に考える時期にきているとつくづく感じました!

立山にて(No.20)


2018年8月31日

Uです。

先日お盆休みを利用しまして、立山にある雄山(3003m)へ登山しに行ってきました。
まず立山とは、富山県に位置し、その周辺にある山やカルデラ、湿原などの総称の事で、
御山は、そこにある三山のうちの1つです。(残りの2つは大汝山、富士ノ折立)

雄山は日本百名山というだけあり、雄大な自然を有するとても素晴らしい山で、氷河が現存する日本では珍しい山です。

舗装された道

残雪

 

立山は火山なので、あたりに硫黄のニオイが充満していて、これもまた独特の雰囲気を出しています。

登山は一泊二日の日程で、初日の宿は、その硫黄の火山性ガスが噴出している近くの宿に宿泊しましたので、ニオイは気になりましたが、近くでとても壮大な光景を見れて大興奮でした。

二日目は早朝から山頂へ。
前半は舗装された道なので、軽快でしたが、後半は3000m級の山らしく、足元は石だらけ?。途中、これもまた山らしく、雨が降ったり、やんだり、突風が吹いたり、晴天になったりと、登山者たちを困惑させていましたが、何とか3時間かけて、無事に登頂成功!
その後はゆっくりと時間を掛け、雄大な自然を堪能しながら下山しました。
また機会があれば登りたいと思う、素敵な場所でした。

頂上付近

そして、立山には、とてもたくさんの山野草が自生していて、雄大な自然の大切なピースを担っています。

チングルマの綿毛

オオハナウド、ウラジロタデ

今、当社でも山野草を使ったガーデンリフォームに力をいれています。
お庭に小さな雄大さを取り入れるのも良いものですよ。

Older Posts

ページトップへ