咲いた♪咲いた♪ヒマワリの花が・・


2017年8月2日

夏にヒマワリの花々が咲き乱れる景色というのは季節感があって良い物ですが・・
ヒマワリの群植をきれいに満開にさせるのは、それなりの管理が必要です。
具体的に言うと。
①花にそこそこの大きさがある
②緑色のスペード型の大きな葉が生き生きとする
③矮性種といえど、太い茎でスクっと立つ

の三点がクリアできないとだめなのです。
ヒマワリに限ることではありませんが、花がきれいに咲くには、緑の葉のボリュームが大事です。
葉と葉の間隔も詰まり、色が鮮やかな緑色(黄色っぽいのは×)で、
害虫(主にグンバイムシ)にも食害されず、たっぷり日光を受けて多数茂る・・・状態です。
また茎の太さもポイントです。茎の太さはそれに耐える大きな花が咲くことを意味します。
苗の良し悪しももちろん大切ですが。植えた苗を先に述べたように育てるために。
土は有機質たっぷりの状態にすると水持ち、肥料持ちが違います。その上で、効果的に働く
肥料を元肥えとして混ぜます。肥料切れは葉色が黄色っぽくなります。その後は、害虫などを
観察しながらしっかり水をやります。

植物は、とにかく子孫を残すことが一番のゴールですので、水が足りなければ、最低限度
の状態で種を作ろう(花が咲く)とします。またこの時期の夏草も光や肥料や水をうばいます。
結果、小さく、少ない量の黄色っぽい葉、細く短い茎、小さな花の、貧弱な花畑になります。
仕事がらいろんな花壇の花の咲き具合で、管理の状況を想像してしまいます。

今年、U君が選んだのは、矮性種のピノチオゴールドという品種でした。花弁がやや細長く、
芯の色もやや薄めです。昨年同様の酷暑で、水やりにはとても気を遣っています。少々の雨は
役に立たないので、ダメ押しの水やりも行います。初期の小さい時期は雑草に負けるので
除草も大切な管理作業です。それでもようやく花が咲き始めました。
今年も元気モリモリのひまわりでした。

せっかくの花も水切れで寿命を縮めます。まだまだU君たちの水やり作業がつづく日々です。

 

 

日照りと草とシソジュース


2017年7月19日

母が軽い熱中症になりました。本人は生まれて初めての経験です。
精神的には少々ショックを受けたようです。ほんの少しの油断というのか、
お風呂上りにコップいっぱいの水を飲まずに、そのまま床についたらしいのですが。
クーラーを一晩中かけることはこれまでしなかったのですが、それもお医者さんに
指摘を受けて。とにかく、室内でも危険だということは思い知りました。
外気温の変化に、体温がついていけなくなってくるような夏の到来です。
子供の頃の、縁台、風鈴、打ち水のようなマイルドな夏とは違って、ハードというか
最近は『試練の夏』です。

それでも雑草は雨も無いのにすくすくと元気に成長していますし、園芸種は
やはり人間が水を遣らないとすっかりくったりになっています。
昨年の8月もとても高温で、しかも雨が少なかったのですが、今年もそんな夏に
なりそうです。梅雨明け宣言はまだですが、なんだか梅雨空は随分前に消えたような
気がします。薄い水色の空には雨雲の破片も見当たりません。
スタッフはそれぞれ個人邸の剪定、灌水作業、除草作業、自動灌水工事の見積りなどなど
各自の持ち場で暑さの中の仕事です。

紺屋の白袴というのか、造園屋の草茫々状態になりはてた敷地内の除草作業にA子さんが
まわってくれています。エコワークスのお隣は広い畑です。ご高齢の地主さんがいつもコツコツと、
草一つ生えぬように維持しておられ、時々、美味しい収穫物を下さいます。先日も赤シソを
たくさん頂き、シソジュースを作りました。普段のご苦労を知っているだけに、こちらの敷地から
種をばら撒くことの無いようにしなければいけません。

日程調整が雑草の生育スピードに追いつかず、ヤキモキしていたのですが、ようやく、昨日から
A子さんが攻めていってくれています。さすがプロ(当然!)です。ジャングルはあっという間に
きれいな状態に戻っていきます。

とにかく、日本の夏は、暑さと、草に負けないことです。

シソジュースの季節です

中央のシマトネリコはセミのたまり場です。午後になると休憩するのか鳴き声も静かになります

 

梅雨の合間


2017年6月26日

季節らしい季節です。おかしな言い方になりますが、梅雨には程よく雨が降って、
夏は程よく暑く、秋を越えて冬は程よく寒いのが理想です。なんと言っても『程度』が大事です。
先週の晴れ間は十分作業に有効利用できましたが、この時期いろんな日程が重なっています。
今週は雨が降ろうが・・・・の状態になってしまいました。屋外作業の哀しさは天候に一喜一憂する
ことです。剪定作業も、灌水工事も、除草作業も。責任者は、その段取りに神経を使っています。

いろんな分野も同様でしょうが、準備を含めた段取りは非常に作業能率に影響します。
段取りというのは、頭の中で一連の仕事をイメージして組み立てます。頭の中で完結したら
現実の作業も、想定外のことが無ければスムーズに流れていきます。昔から『段取り八分』とは
よく言ったものです。ただ、その段取りを組むにあたっては、やはり場数がものを言います。
過去に行った作業や工事の経験が準備物や作業能率の目安になります。例え、そのときに
想定外のことで大変な思いをしたとしても、それが後で経験値の幅を大きくしてくれます。

泣きたかったようなことが、後日思い出話になるのは世の常ですが、同じことで泣かないためにも
良いことも悪いことも含め、経験したことをきちんと原因と対策に反省することが大事なのですが。
なかなか、この仕事は、忙しい季節には、追われることが多いのが残念なところです。
それでも、経験したことを精一杯活かして、未経験のことでも応用できることを目指すのは、どの
分野でも有効であることに間違いはなさそうです。

雨上がりの苔ではなく、セダムです。上に伸びるのを切り戻して押えると結構びっしりとします。
和洋折衷で使えます。


花を咲かせないように切り戻してもちらほら咲いている黄色い花も可愛いです。

来月の花にも取り上げてもらえそうですが、肉色のペチュニアが満開です。
少々、『通』好みな感じですが、何となく惹かれます。

同じく、渋い色のカラーです。こちらも華やかと言うより、なぜかしらの存在感です。

華やかな色合いの夏のハンギングバスケット類も出荷待ちです。

Older Posts

ページトップへ