SDGsって何?(No.40)


2019年4月30日

Sです

先日講演を聞きにいきました。大阪産業大学デザイン工学部の花嶋温子先生が「SDGsで生き残る」というタイトルで話をされました。
エスディージーズと読むのですが、恥ずかしい話初めて聞く単語で、Sustainable Development Goalsの略で“持続可能な開発目標”のことです!

講演の中ではカラフルなピンバッジが紹介されていました。

2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
具体には2030年までに達成を目指す17分野の目標がかかげられています。

その目標を達成するために掲げたのがバッジということで、SDGsバッジを付けることで、一人ひとりが持続可能な開発目標(SDGs)を認識し、どのようにして行動に反映させるための意思表明として非常に有効なものであると考えられます。

世界でのSDGsの取り組み進捗度では、スウェーデンはじめ北欧諸国などは高く、日本は最初は低かったようですが、最近では日本企業でもSDGsへの取り組みは活発になってきているようです。

日本政府でも外務省が、国連の定めた「持続可能な開発目標」(SDGs)の知名度向上のためタレントのピコ太郎さんが登場するPR動画を公開などしています。

では具体に17の目標について掲載します。
1. 貧困をなくそう 2. 飢餓をゼロに  3. すべての人に健康と福祉を 4. 質の高い教育をみんなに 5. ジェンダー平等を実現しよう 6. 安全な水とトイレを世界中に  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8. 働きがいも経済成長も 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう 10. 人や国の不平等をなくそう 11. 住み続けられるまちづくりを 12. つくる責任 つかう責任 13. 気候変動に具体的な対策を 14. 海の豊かさを守ろう 15. 陸の豊かさも守ろう 16. 平和と公正をすべての人に 17. パートナーシップで目標を達成しよう

となっており、更にこれら17の目標達成するために169のターゲットで構成されています!

普段あまりに身近なことにしか目がいってないだけに、この講演会でグローバルな視野で日々取り組むことも必要だなと、自分も地球に暮らす一員として見方を変えないといけないなと痛感した次第です!

3Sのすすめ!(No.38)


2019年4月5日

Sです

年度末から年度初めにかけて職場で取り組んでいることがあります。
それは3Sのすすめです!3Sとは 整理、整頓、清掃の頭文字のSです。

当たり前のことと言えば当たり前ですが、なかなかできていないのが現状です。

【整理】要るものと要らないものの区分けをはっきりさせて、要らないものは撤去すること
【整頓】必要なものを、必要なときに、効率よく取り出せるようにすること
【清掃】職場のゴミをなくし、汚れのないきれいな状態にすること

たまたま3SのことをNHKニュースで紹介していました。
静岡県の高校ラグビー部が3Sを取り入れて、その結果全国大会に出場できたとのこと。
部員全員で部室の整理整頓から清掃を徹底することで、周囲への目配りもできるようになり、試合でのプレーにも大きな効果があったということで、同じ高校の他のクラブでもまねするようになっているという内容でした!

うちの会社も御多分に洩れず整理整頓が苦手です・・・!空いているスペースがあれば、すぐモノを置いてしまい、結局どこに何があるのかもわからなくなり、慌ただしければ探すこともなく、ダブって購入するといった無駄なことも多々ありました・・。

今回は大々的にスタッフ皆で在庫の確認から始め、処分するものを一斉に集め、間髪入れずに撤去処分しました。
先送り(処分を遅らせる!)しなかったおかげで、見違えるようにスッキリしてきました。

ベストセラーになった「夢を叶えるゾウ3」で、ガネーシャ(神様)が主人公に「目をつぶって、3分間で部屋の中で大事なモノを言え。言えなければ全て破壊する。」というセリフがあります。
要するに“モノが多すぎては、なにが必要なモノか大事なモノかも分からないし言えない。ということは、つまり夢がかなえられないということ! ”を伝えようとしていたのです。

高校ラグビー部の実話も、「夢を叶えるゾウ3」の小説の話も、確かに真実をついていると感じました。

3Sをすすめていくことで、きっと良い動きがあると、新年度も気合を入れて臨む所存です!!

咲いた♪咲いた♪ヒマワリの花が・・


2017年8月2日

夏にヒマワリの花々が咲き乱れる景色というのは季節感があって良い物ですが・・
ヒマワリの群植をきれいに満開にさせるのは、それなりの管理が必要です。
具体的に言うと。
①花にそこそこの大きさがある
②緑色のスペード型の大きな葉が生き生きとする
③矮性種といえど、太い茎でスクっと立つ

の三点がクリアできないとだめなのです。
ヒマワリに限ることではありませんが、花がきれいに咲くには、緑の葉のボリュームが大事です。
葉と葉の間隔も詰まり、色が鮮やかな緑色(黄色っぽいのは×)で、
害虫(主にグンバイムシ)にも食害されず、たっぷり日光を受けて多数茂る・・・状態です。
また茎の太さもポイントです。茎の太さはそれに耐える大きな花が咲くことを意味します。
苗の良し悪しももちろん大切ですが。植えた苗を先に述べたように育てるために。
土は有機質たっぷりの状態にすると水持ち、肥料持ちが違います。その上で、効果的に働く
肥料を元肥えとして混ぜます。肥料切れは葉色が黄色っぽくなります。その後は、害虫などを
観察しながらしっかり水をやります。

植物は、とにかく子孫を残すことが一番のゴールですので、水が足りなければ、最低限度
の状態で種を作ろう(花が咲く)とします。またこの時期の夏草も光や肥料や水をうばいます。
結果、小さく、少ない量の黄色っぽい葉、細く短い茎、小さな花の、貧弱な花畑になります。
仕事がらいろんな花壇の花の咲き具合で、管理の状況を想像してしまいます。

今年、U君が選んだのは、矮性種のピノチオゴールドという品種でした。花弁がやや細長く、
芯の色もやや薄めです。昨年同様の酷暑で、水やりにはとても気を遣っています。少々の雨は
役に立たないので、ダメ押しの水やりも行います。初期の小さい時期は雑草に負けるので
除草も大切な管理作業です。それでもようやく花が咲き始めました。
今年も元気モリモリのひまわりでした。

せっかくの花も水切れで寿命を縮めます。まだまだU君たちの水やり作業がつづく日々です。

 

 

Older Posts

ページトップへ