すごいの一言!AI技術!(No.57)


2019年12月18日

Sです。

昨日NHKのドキュメンタリーで、「よみがえる 美空ひばり」を見ました。
美空ひばりさんの没後30年の今年、人工知能・AIで現代によみがえらせるプロジェクトの話でした。まずNHK、レコード会社に残る音源や映像をもとに、AIの技術者が開発をすすめていく。そしてAI美空ひばりが唄う新曲の作詞は秋元康、衣装デザインは森英恵、振り付けは天童よしみという美空ひばりにつながりのある面々がこのプロジェクトにかかわっていく内容でした!

番組を見ていくうちにAIはすごいなと正直感心することしきりでした。これまでのコンピューターでは、人間が考えた手順をプラグラムすることで処理しますが、手順が明確にできないものは、結局ベテランにしかできなかった!しかしながらAI(人工知能)は手順が明確にできないものも「いろいろ考えて」上手にこなせることができる!

したがって美空ひばりの情報がインプットされればされるほど、自分で学習してより本物に近づいていくのが番組を見ていてわかりました。
そしていよいよプロジェクトの完成となりお披露目となります!

大勢の美空ひばりファン(後援会)や関係者が見守るなか、オーケストラの演奏が始まり、ステージにきらびやかな衣装を身にまとった美空ひばりが登場し、新曲「あれから」♪を唄い出します。時折会場が映し出されると、涙ぐんでいる人もかなりいました。曲の途中に語りが入ります。

おひさしぶりです
あなたのことをずっと見ていましたよ
頑張りましたね
さぁ私の分まで
まだまだがんばって

作詞家の秋元康によると、ひばりさんが「よく頑張りましたね」「私の分まで頑張って」」と伝えることで、現代の人たちが頑張ろうという気持ちになれたらとの思いも込めているとのこと!
唄い終わった後に会場で感想も聞いていましたが、ファンの人たちは「生きててよかった」「これから生きていく励みになりました」など。天童よしみさんは「歌手人生で一番のうれしさと感動に包まれました」ひばりさんの息子加藤和也さんは「最先端技術でここまで空いた時間のすきまを埋めることができるAIのすばらしさを感じました」秋元康さんは「美空ひばりさんに会いたい!新曲を聴きたい!という思いを科学がサポートしてくれた。科学というものは人間の夢とか願いとか、奇跡をおこせるものと思いました」

最後にNHKのナレーションが締めくくっていましたが、AIの技術だけでこのプロジェクトが成功したのではなく、もう一度会いたい!唄ってほしい!という情熱が命を吹き込んだのだと・・・。

確かにAI技術の使い方を間違うと危ういこともあり、パンドラの箱を開けてしまったかもしれませんが、人々が本当に望んでいるかという本質さえ見間違えなければ、これほど素晴らしい技術はないだろうと感じました。


ページトップへ