サンクスレター(^^♪(No.100)


2021年10月15日

Sです。

うちの会社では、先代の“ひとみ社長”の頃から続けていることとして、仕事を発注いただいた個人のお客様に感謝の「サンクスレター」を出しています。
もちろん丁寧な仕事と、お客様に満足していただける仕上がりも心がけています。

特にスタッフの仕事に対する思い入れは強く、一通り作業が終わっても、更に隅々にまで気を配ってゴミが落ちていないか見て回ります。

おかげさまで今年に入り、新規のお客様が増え忙しい日々が続いており、正直限られたスタッフで対応しているため、ハードな状態ではあります・・・💦。
しかしながらお客様からの電話への丁寧な対応→迅速な見積→お客様の希望される日に訪問できるようきめ細かい調整→お客様が納得していただける完成をめざし 一連の流れを繰り返し繰り返し行っています!

今回私が社長となってスタートさせたスタッフブログもちょうど100回目を迎えます!
この記念すべき100回目のタイトル「サンクスレター」を、スタッフのみなさんに送りたいと思います。「いつも丁寧な仕事をこころがけていただき、ありがとうございます。」

そして次の200回目のブログに向けて、力合わせて頑張っていきたいので、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

人工芝施工しました(No.99)


2021年9月28日

Sです。

先日3日間にわたり個人邸に人工芝を施工させていただきました!
閑静な住宅街にある、落ち着いた壁の色と薪ストーブの煙突が似合いの瀟洒(しょうしゃ)なお宅です。
ウッドデッキがある庭はレンガの舗道とその両脇に天然芝があります。但し芝生の管理も大変だということで手入れが不要な人工芝に変えたいとのご依頼でした!

工事の流れとしましては
<その1>
既存芝生を撤去し、小石や雑草の根っこなど夾雑物(きょうざつぶつ)も取り除き整地をします。

<その2>取り除いた芝についた土が減った分を含め、真砂土を敷き均しプレート及びタンパーで転圧し地盤を固めます。

<その3>
雑草抑制効果のある防草シートを敷設し、ピンを打ち込みシートを固定します。

<その4>
人工芝を張る前に、割付けをして芝目を一定方向に揃え、防草シートの上に仮置きします。そして順番に人工芝の裏にボンドを塗布し、更にパイル(葉先)を挟み込まないよう注意しながら専用ピンで固定していきます。

<その5>
人工芝を張り終わったら、デッキブラシでパイルを起こし、専用ピンなどゴミなど落ちていないか確認し、浮きやシワがある場合は専用ピンを追加で打ちます。

<その6>
いよいよ完成です。!(^^)!

 

曼珠沙華 (No.98)


2021年9月20日

Sです。

タイトルの漢字は、彼岸花の別名です。私が中学生の頃ファンだった山口百恵さんの歌「曼珠沙華」では「マンジューシャカ」と読まれています。

この秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間。この間を「お彼岸」の期間とされており、今年は9月20日から9月26日までの7日間となります。

秋のお彼岸になると、田んぼのあぜ道やあちらこちらで、鮮やかな紅色の彼岸花が咲き始めると、秋だなあ~と何かほのぼのとした気分に浸ります。

天気もよくさわやかな秋空でしたので、墓参りに行ってきました。ちょうどお彼岸の入りということもあり墓参りに来る大勢の人で、霊園はにぎわって!?いました。

お彼岸は春(春分の日)と秋(秋分の日)の年2回あります。

仏教の教えでは、この世は東に、あの世は西にあるとされ、「太陽が真東から登り、真西へ沈んでいく」秋分の日と春分の日は、この世とあの世が最も通じやすくなるとされています。そこで、先祖供養をするためにお墓参りに行くようになったようです。

でも不思議と墓参りに来ると気持ちは落ち着きますし、墓参りをされている人たちを見るにつけ、日本の風習も良いものだなとしみじみ感じます。

では感じ入ったところで、山口百恵さんの歌を聞きたいと思います !(^^)!

歌:山口百恵

作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃
形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃
あなたへの手紙
最後の一行 思いつかない
どこでけじめをつけましょ
窓辺の花が咲いた時 はかなく花が散った時
いいえ あなたに愛された時

マンジュ-シャカ 恋する女は
マンジュ-シャカ 罪作り
白い花さえ 真紅に染める ♬♫~

白い彼岸花

 

Older Posts

ページトップへ