「初詣」No.128


2023年1月9日

Tです。

明けましておめでとうございます。皆様、穏やかな新年を迎えられたことと存じます。本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

お正月の行事には、色々なものがあり「書初め」「初詣」「年賀状」「初夢」「おせち料理」「お年玉」etcとありますが、先日 天気の良い日に 実家の近くにある「すみよっさん」こと住吉大社にお参りに行きました。子供の頃は、初詣より屋台が楽しみで人出の多さもさることながら屋台の多さも「すみよっさん」は負けていなかったと思います(#^^#) 調べてみると、昔は約350件もの屋台が軒を連ねていたそうで 正月から活気のある風景でした。

夏にも大きな祭りがあり(住吉まつり)、その時も結構な賑わいです。そんな住吉大社ですが、境内に入り鳥居をくぐると目の前に「反橋」(太鼓橋)が見えてきます。

太鼓橋と本宮

朱色に塗られた橋の向こう側が見えないくらいの反り具合。川端康成の作品でも、「反橋は上るよりおりる方がこはい(怖い)ものです」と記されており最大傾斜は48度にもなるそうです。住吉大社のHPにも書かれていましたが、この橋を渡るだけでも確かに「おはらい」になりそうです! 渡るというより、上るという表現のほうが正しいようです(^-^;

反橋を渡り本宮へと歩いていきます。ここの鳥居の足は、丸ではなく四角で珍しいそうです。違和感の原因がここにあったのかと、家に帰ってから思いました。

四角い足の鳥居

後、子供の頃から馴染みの神社ですが、ウサギが神使になっているとは知らなくて今回ウサギ年に参って気づけば手水舎にもウサギがいます。

第四本宮の前には、鎮座まします翡翠のウサギが、「撫でうさぎ」と言うらしく身体を撫でまわして無病息災の御利益を頂きます。列に並んで、撫でまわしてみました(#^^#) (撫でるのではなく、撫でまわす)

なでうさぎ

もちろん、神様への新年の御挨拶も忘れず訪問したことを告げに手を合わせて参りました。奥には、楠珺社(なんくんしゃ)があり、商売発達・家内安全の神様が奉られてます。初辰(はったつ)まいりの中心的な神社だそうで、発達=初辰の語呂合わせで、月初めの辰の日に参拝して4年間(48ヶ月)続けると始終発達(48+辰)で満願成就♪遊び心、あります(#^.^#) 楠珺社の目の前には、樹齢1000年の楠の存在感も、圧倒的でした。

初辰まいり     樹齢800年の夫婦楠

御鎮座(創建)が辛卯年卯月卯月だった為、兔(うさぎ)が神使となったそうですが、うさぎ年の今年、「すみよっさん」へ訪れてみるのも如何かと思います。(*^-^*)

謹賀新年!No.127


2023年1月5日

Sです。

新年あけましておめでとうございます。2023年の幕開けです!

今年の干支は「癸卯(みずのと・う)」であります。干支は中国の古い思想である「陰陽五行思想」を礎にした60年周期で循環する暦で、それぞれ干支に意味を持っています。

それによると「癸卯」は、「寒気が緩み、萌芽を促す年」になるようです。コロナ禍以降、停滞し続けていた世の中に、そろそろ希望が芽吹く春がやってくることに期待したいところです!

更に、卯年は今まで培ってきた自身の力が試されるということなので、最後まで諦めずに希望を持ち続けると道が開けることを信じたいと思います。

あたかも、うさぎのようにホップステップジャンプと前進していきたいものです!

 

御用納めNo.126


2022年12月29日

Sです。

2022年もまもなく終わろうとしています!
新型コロナも「第8波」に入り、感染者数は横ばいとも言われていますが、インフルエンザとの同時流行にも備えないといけない年末になっています💦

ところで、今年の漢字は「戦」が選ばれました!

清水寺の森管主による揮毫(きごう)

ロシアのウクライナ侵攻による「戦」争の恐ろしさを目の当たりにしたこと。円安・物価高による生活面での「戦」い。サッカーのワールドカップなどのスポーツの熱「戦」など注目されたことが、この漢字が選ばれたようですが、個人的には別の漢字になればよかったなあと、来年の漢字に思いを込めたいものです(^_^)v

来年ということで、うさぎ年です!

卯年は「芽を出した植物が目に見えて大きく成長する年」だと言われ、更に「うさぎは飛び跳ねることから、飛躍するという象徴」また「たくさんの子を産むことから豊穣(豊かに実る)、子孫繁栄のシンボル」とされています。

その卯年である2023年は、九星気学によると物事を整えるパワーを持つ「四緑木星」が中宮となり運勢が頂点に達し、過去の努力が評価される年ということです!地道に努力を積み重ねてきた人は、これまでの努力が報われ、成果と信用を手にすることができるようです。

ということで2023年は物事がより良い方向へ展開していくことを期待したいものです!

とにもかくにも来年は皆様にとりましても「明るい年!」となりますように祈念いたしております。今年1年大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。m(__)m

 

Older Posts

ページトップへ