曼珠沙華 (No.98)


2021年9月20日

Sです。

タイトルの漢字は、彼岸花の別名です。私が中学生の頃ファンだった山口百恵さんの歌「曼珠沙華」では「マンジューシャカ」と読まれています。

この秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間。この間を「お彼岸」の期間とされおり、今年は9月20日から9月26日までの7日間となります。

秋のお彼岸になると、田んぼのあぜ道やあちらこちらで、鮮やかな紅色の彼岸花が咲き始めると、秋だなあ~と何かほのぼのとした気分に浸ります。

天気もよくさわやかな秋空でしたので、墓参りに行ってきました。ちょうどお彼岸の入りということもあり墓参りに来る大勢の人で、霊園はにぎわって!?いました。

お彼岸は春(春分の日)と秋(秋分の日)の年2回あります。

仏教の教えでは、この世は東に、あの世は西にあるとされ、「太陽が真東から登り、真西へ沈んでいく」秋分の日と春分の日は、この世とあの世が最も通じやすくなるとされています。そこで、先祖供養をするためにお墓参りに行くようになったようです。

でも不思議と墓参りに来ると気持ちは落ち着きますし、墓参りをされている人たちを見るにつけ、日本の風習も良いものだなとしみじみ感じます。

では感じ入ったところで、山口百恵さんの歌を聞きたいと思います !(^^)!

歌:山口百恵

作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃
形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃
あなたへの手紙
最後の一行 思いつかない
どこでけじめをつけましょ
窓辺の花が咲いた時 はかなく花が散った時
いいえ あなたに愛された時

マンジュ-シャカ 恋する女は
マンジュ-シャカ 罪作り
白い花さえ 真紅に染める ♬♫~

白い彼岸花

 

○○の秋(No.97)


2021年9月13日

Sです。

○○の秋と聞いて、皆さんは何を想像しますか?読書の秋・味覚の秋・学習の秋・食欲の秋・芸術の秋・スポーツの秋・・・などなど。
当社では春はもちろんですが、秋も花壇・寄せ植え・ハンギングなどの植替えの注文をいただきます。まさに「花の秋」とも呼べます!

年間通して、庭の剪定・除草・薬剤散布・寒肥をさせていただくことが多いですが、花の年間管理もさせていただいています!
担当のU課長が仕入れてきた秋を彩る20種類もの花苗が当社敷地内に並んでいます。中でも

“光沢あるブロンズ葉に風情がある”パープルファウンテングラス
“コンテナや花壇向きの”八重咲ペンタス
“紫色が美しい古くから観賞用して親しまれてきた”紫式部
“葉が赤や黄色に紅葉し花壇の縁取りや寄せ植えに人気のある”アキランサス
“学名はギリシャ語の意味で「燃焼」。燃え盛る炎をほうふつさせる”ケイトウ
“長期間花を咲かせ、元気がでる花色と虫除けにもなる”マリーゴールド

など、他にもU課長一押しの花苗が、当社オリジナル商品のエコスプレー(細かい霧状の水が360度散水)と自動散水装置により、常に生き生きとした状態を保っています!

エコスプレー       自動散水装置と雨センサー

暑い夏が終わりに近づき、1年で最も楽しい季節でもある秋の到来ももうすぐです。この秋に人のきもちを和ませてくれる花に囲まれる生活はいかがですか!(^^)!

長雨!(No.96)


2021年8月20日

Sです。

日本列島に停滞している前線のため、西日本を中心に大雨となり大きな被害も出ています・・!通常前線でよく言われるのは「梅雨前線」や「秋雨前線」ですが、今回長引いているのは「停滞前線」という聞きなれない言葉でした。
どちらにしても天候不順が続くなか、外仕事は予定がたてづらくなかなか段取りもしづらい状況ではないでしょうか!


我々造園業もご多聞に漏れず、お盆まで「庭木の剪定を」、「草刈りをして庭をスッキリに」といったご依頼も、ほとんど対応しきれず、さらにお盆明けになっても長引く雨で、予定をたてても中止延期の繰り返しが続いています。
いくら天候のためとはいえスケジュール調整することを考えると睡眠不足になることもありました・・。(>_<)
そんなときにスタッフの存在は大きく、大いに励まされます。!(^^)!
現場責任者のU課長は雨で延期する場合も、迅速に対応し各お客様への誠実な説明をしてくれます。常用で来てもらっている一人親方のOさんは、自分の仕事を変更してでも雨で空いた穴を埋めてくれます。応援で来てもらっている一人親方のTさんは一番の年長者でありますが明るいキャラクターと年齢の割に素早い動き(すいません💦)で作業場を元気づけてくれます。事務のTさんは物静かな女性ですが、いつも笑顔を絶やさず留守を守り、冷たい飲み物の準備など作業者への労いを欠かせません。

今年に入って新規の仕事も増えてきた矢先の天候悪化の事態に、色々心配の種はつきませんが、支えていただいているスタッフとしっかりスクラム組んで、今年も残り後半頑張っていきたいと思っています。


スタッフのみなさん本当にいつもありがとうございます。m(__)m

Older Posts

ページトップへ