曼珠沙華 (No.98)


2021年9月20日

Sです。

タイトルの漢字は、彼岸花の別名です。私が中学生の頃ファンだった山口百恵さんの歌「曼珠沙華」では「マンジューシャカ」と読まれています。

この秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間。この間を「お彼岸」の期間とされており、今年は9月20日から9月26日までの7日間となります。

秋のお彼岸になると、田んぼのあぜ道やあちらこちらで、鮮やかな紅色の彼岸花が咲き始めると、秋だなあ~と何かほのぼのとした気分に浸ります。

天気もよくさわやかな秋空でしたので、墓参りに行ってきました。ちょうどお彼岸の入りということもあり墓参りに来る大勢の人で、霊園はにぎわって!?いました。

お彼岸は春(春分の日)と秋(秋分の日)の年2回あります。

仏教の教えでは、この世は東に、あの世は西にあるとされ、「太陽が真東から登り、真西へ沈んでいく」秋分の日と春分の日は、この世とあの世が最も通じやすくなるとされています。そこで、先祖供養をするためにお墓参りに行くようになったようです。

でも不思議と墓参りに来ると気持ちは落ち着きますし、墓参りをされている人たちを見るにつけ、日本の風習も良いものだなとしみじみ感じます。

では感じ入ったところで、山口百恵さんの歌を聞きたいと思います !(^^)!

歌:山口百恵

作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃
形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃
あなたへの手紙
最後の一行 思いつかない
どこでけじめをつけましょ
窓辺の花が咲いた時 はかなく花が散った時
いいえ あなたに愛された時

マンジュ-シャカ 恋する女は
マンジュ-シャカ 罪作り
白い花さえ 真紅に染める ♬♫~

白い彼岸花

 

薬剤散布(No.91)


2021年4月1日

Uです

4月に入り、気温が上昇してきて、冬から春に移り行くのを感じます。
桜も満開で、新芽が芽吹いているのを見かける回数も多くなってきました。
こんな時期に問い合わせが増えるのは、樹木の薬剤散布です。
当社では害虫が出た時の殺虫剤散布はもちろん、ウドンコ病や黒点病などの病気の殺菌にも対応しています。

先日とある集合住宅で殺虫剤散布の依頼を受けましたが、現場に下見に行くと、
ヒラドツツジに褐斑病(カッパンビョウ)の兆候が見られたので、殺虫剤と同時に、病気に効く殺菌剤を調合して、散布しました。

このように樹木の衰弱の理由には様々な要因がありますので、気になる事などございましたら、お気軽にご相談下さい。

褐斑病に感染したヒラドツツジ

健康なヒラドツツジ

 

最強の敵に挑む!(No.70)


2020年7月13日

Sです。

NHKスペシャルで「新型コロナ驚きの正体」タモリvs山中伸弥と題した番組を見ました。
最新の科学で免疫力をつかさどる神秘のメカニズムや、新型コロナウイルスと免疫細胞とのミクロの攻防を、精密な電子顕微鏡とCGを駆使した完全映像化で紹介されていました!

画像はNHKスペシャルから

この番組を見るまでは新型コロナウイルスの実態があまりわからず、感染者や死亡者の数が増えるたびに恐怖心だけが先行していたような気がします!番組では感染した際に人体ではどのようなことが起きているのかということを正確な情報を踏まえて再現されているので、実態が把握でき、新型コロナウイルスに打ち勝つためのあらゆる方策が取り組まれていることもわかり、番組を見終わったあと恐怖心よりも将来への期待と希望で満ち足りた気持ちになりました!

<番組より抜粋>
感染した人の口から飛び散る、ごく小さな飛沫に潜んで新型コロナウイルスは体内に侵入します。まず気道を通りますが、ここには体内に入るウイルスなどの異物を排除する線毛が無数にあります。

画像はNHKスペシャルから(線毛)

しかし新型コロナウイルスはこの関門を難なくすり抜け、肺へと向かいます!そして細胞に近づき細胞のまわりにある突起にコロナウイルスがもつトゲのようなものをピッタリとつけ細胞の中にもぐりこみます。これが感染です!ここでウイルスは狡猾な手口を使います。細胞の突起は、コレストロールなど必要な物質を取り込むための扉のカギ穴の役目をしています。ところがウイルスはこのカギ穴に合った偽のカギを持って細胞の中に入り、その結果肺の細胞は次々ウイルスにやられ、いわゆる肺炎が進行します!しかし感染した細胞は警報物質(インターフェロン)を出し免疫細胞に危機を知らせます。そのメッセージを受け取り出動した免疫細胞は生まれつき誰もが持っている自然免疫と呼ばれるもので、ターゲットとなる異物を見つけると近づいて丸呑みします!ところが新型コロナウイルスは警報物質をも抑える能力があることがわかってきました。警報物質を作る量が減ると、敵が侵入した情報が伝わらないため免疫細胞が作動しません!従って警報物質を抑えてしまうこの新型コロナウイルスの特徴が、発熱もしないで感染してても無症状という状態にしてしまい、マスクをしないままで感染が広がるということも起こりうるわけです。
しかし私たちの体内では、新たな攻防が展開されます。それは第2の防衛隊と言われるキラーT細胞がウイルスを攻撃してくれます。ターゲットの細胞にとりつくとキラーT細胞は毒質を注入し感染した細胞を消し去ってくれます!

画像はNHKスペシャルから(キラーT細胞)

ところが新型コロナは、このキラーT細胞の攻撃をも退ける能力をもっている可能性があることがわかってきました。キラーT細胞は感染した細胞からでている手のようなものに触れ情報を受け取り攻撃するのですが、新型コロナはその手が細胞の表面にでる前に分解してしまいます。そうなるとキラーT細胞は感染した細胞を見つけることができません!ただしここでB細胞が現れます。このB細胞は顕微鏡で見るとYの形をしている飛び道具をもっており、黄色い小さな物質を放射します。この飛び道具を抗体と言います。

画像はNHKスペシャルから(B細胞から発する抗体)

この攻撃の内容を説明する前に、細胞には必要な物質を取り込むための扉のカギ穴の役目をもつ突起があると先ほど紹介しました。そこに偽のカギで細胞の中に新型コロナウイルスが入り肺炎が進行していく話もしました。B細胞は感染した細胞に近づき、この偽のカギにひっつきます。そうなると感染も増殖もできなくなるので、行き場を失ったウイルスは免疫細胞に食べられます。こうして感染されたウイルスが減少していき、体は徐々に回復していくのです。T-細胞やB細胞はウイルスを抑え込んだら、その役目が終わるわけではありません!
体内でウイルスの記憶を保ったまま、再び新型コロナウイルスが侵入しきても戦闘態勢をとれるよう準備しているのです!このように「敵の情報を学んで集中攻撃をしかけ、撃退しても私たちの体を守り続ける防衛システムを〝獲得免疫“といいます」

ここまで番組を見てきて、人間の体の中では新型コロナウイルスとの壮絶な戦いが繰り広げられているの初めて知りましたし、山中先生も「抗体というのは最後の砦という感じですね!」と言われていましたが、この抗体の存在が非常に重要であることも理解できました。

人類の歴史の中で我々の祖先はウイルスに襲われ、そのたびに様々な感染症を乗り越えてきました。そして現在この新型コロナという未知なるウイルスに立ち向かおうとしています。米国インディアポリスにあるリリーテクノロジ-センターでは、新型コロナを撃退できる抗体をたくさん作りだせる人から免疫細胞を取り出し培養しており、その細胞を使って抗体を大量につくり重症患者の治療に使うべく、臨床試験も始め実用化も間近と言われています。

画像はNHKスペシャルから(免疫細胞の培養)

山中先生のコメントに、「この数カ月の間、医師、看護師など医療関係者はじめ研究者の努力は目を見張るものがあり、さらに医療以外の分野の研究者!世界中の研究者や製薬会社!も協力してワクチンと治療薬の開発に必死に取り組んでいます。ラグビーに例えると前半戦はかなり苦戦を強いられましたが、後半戦はこのままでは終わらないぞ!と言ったところです。」

心強いこの言葉に不安な状態から脱し、安心して暮らせる日々を取り戻せることに大いに期待がもてました。!(^^)!

Older Posts

ページトップへ