サンクスレター(^^♪(No.100)


2021年10月15日

Sです。

うちの会社では、先代の“ひとみ社長”の頃から続けていることとして、仕事を発注いただいた個人のお客様に感謝の「サンクスレター」を出しています。
もちろん丁寧な仕事と、お客様に満足していただける仕上がりも心がけています。

特にスタッフの仕事に対する思い入れは強く、一通り作業が終わっても、更に隅々にまで気を配ってゴミが落ちていないか見て回ります。

おかげさまで今年に入り、新規のお客様が増え忙しい日々が続いており、正直限られたスタッフで対応しているため、ハードな状態ではあります・・・💦。
しかしながらお客様からの電話への丁寧な対応→迅速な見積→お客様の希望される日に訪問できるようきめ細かい調整→お客様が納得していただける完成をめざし 一連の流れを繰り返し繰り返し行っています!

今回私が社長となってスタートさせたスタッフブログもちょうど100回目を迎えます!
この記念すべき100回目のタイトル「サンクスレター」を、スタッフのみなさんに送りたいと思います。「いつも丁寧な仕事をこころがけていただき、ありがとうございます。」

そして次の200回目のブログに向けて、力合わせて頑張っていきたいので、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

人工芝施工しました(No.99)


2021年9月28日

Sです。

先日3日間にわたり個人邸に人工芝を施工させていただきました!
閑静な住宅街にある、落ち着いた壁の色と薪ストーブの煙突が似合いの瀟洒(しょうしゃ)なお宅です。
ウッドデッキがある庭はレンガの舗道とその両脇に天然芝があります。但し芝生の管理も大変だということで手入れが不要な人工芝に変えたいとのご依頼でした!

工事の流れとしましては
<その1>
既存芝生を撤去し、小石や雑草の根っこなど夾雑物(きょうざつぶつ)も取り除き整地をします。

<その2>取り除いた芝についた土が減った分を含め、真砂土を敷き均しプレート及びタンパーで転圧し地盤を固めます。

<その3>
雑草抑制効果のある防草シートを敷設し、ピンを打ち込みシートを固定します。

<その4>
人工芝を張る前に、割付けをして芝目を一定方向に揃え、防草シートの上に仮置きします。そして順番に人工芝の裏にボンドを塗布し、更にパイル(葉先)を挟み込まないよう注意しながら専用ピンで固定していきます。

<その5>
人工芝を張り終わったら、デッキブラシでパイルを起こし、専用ピンなどゴミなど落ちていないか確認し、浮きやシワがある場合は専用ピンを追加で打ちます。

<その6>
いよいよ完成です。!(^^)!

 

○○の秋(No.97)


2021年9月13日

Sです。

○○の秋と聞いて、皆さんは何を想像しますか?読書の秋・味覚の秋・学習の秋・食欲の秋・芸術の秋・スポーツの秋・・・などなど。
当社では春はもちろんですが、秋も花壇・寄せ植え・ハンギングなどの植替えの注文をいただきます。まさに「花の秋」とも呼べます!

年間通して、庭の剪定・除草・薬剤散布・寒肥をさせていただくことが多いですが、花の年間管理もさせていただいています!
担当のU課長が仕入れてきた秋を彩る20種類もの花苗が当社敷地内に並んでいます。中でも

“光沢あるブロンズ葉に風情がある”パープルファウンテングラス
“コンテナや花壇向きの”八重咲ペンタス
“紫色が美しい古くから観賞用して親しまれてきた”紫式部
“葉が赤や黄色に紅葉し花壇の縁取りや寄せ植えに人気のある”アキランサス
“学名はギリシャ語の意味で「燃焼」。燃え盛る炎をほうふつさせる”ケイトウ
“長期間花を咲かせ、元気がでる花色と虫除けにもなる”マリーゴールド

など、他にもU課長一押しの花苗が、当社オリジナル商品のエコスプレー(細かい霧状の水が360度散水)と自動散水装置により、常に生き生きとした状態を保っています!

エコスプレー       自動散水装置と雨センサー

暑い夏が終わりに近づき、1年で最も楽しい季節でもある秋の到来ももうすぐです。この秋に人のきもちを和ませてくれる花に囲まれる生活はいかがですか!(^^)!

Older Posts

ページトップへ