HOME > 施行例 > 城内共同住宅外構植栽
設計・施工

城内共同住宅外構植栽
設計・施工


   

施主の緑地へのこだわりを重視し、エントランス部分はシンボルツリーを含む高木。敷地の境界には生垣を設け、裏庭にはエントランスから真っ直ぐ奥に中木を植えて、その周囲に日当たりに配慮した低木、地被類。日当たりが良くない(シェードガーデン)箇所には、日陰が好きな植物。さらにこれら植栽の隙間にはカット枕木をバランスよく並べ、マルチングや植栽のない部分には防草シートを敷設した上にジャミ(細かい化粧用の石)を敷きならすなどアクセントをつけ体裁を整えた。

施主様のお話 限られた予算内で、見栄えの良い庭づくりをしてもらいたい!
施工期間 平成30年1月10日~14日
施工内容 高木(シダレサクラ、アオダモ、イロハモミジ)
中木(フェイジョア、シマトネリコ)
生垣(ベニバナトキワマンサク)
低木(シャリンバイ、アジサイ、ユキヤナギ、ヤマブキ、クリスマスホーリー
   オタフクナンテン、マホニア)
地被類(ハイビャクシン、タマリュウ、ヤブラン、ノシラン、ツワブキ、ベニシダ
    オモト、フイリヤブラン、ヒマラヤユキノシタ
クリスマスローズ、ギボウシ)
施工日 平成30年1月
施工場所 大阪府高槻市







 


 
エコ・ワークスエコ・ワークス スタッフブログ

Dr.カーバチの虫めがね

ハナミズキさんの今月の花

ページトップへ