HOME > 施行例 > 阪神高速松原JCT路下緑地帯全自動潅水工事設計、施工

阪神高速松原JCT路下緑地帯全自動潅水工事設計、施工


   

阪神高速松原ジャンクション路下緑地帯の樹木植栽、及び管理。
ソーラーシステムとドリップチューブによる全自動潅水システムの設計、施工。

施主様のお話 高速道路下の空地を有効活用し、地元の人が散歩できるような緑地帯を作りたい。
施工期間 2013・11月以降2016・3月
施工内容 緑化樹木(シマトネリコ、サクラ、サルスベリ、ヤマボウシなどの高木、アベリア、ヤマブキ、ユキヤナギなどの低木、マルバストラム、タイム、アナベルなど地被や花卉類)を植栽、その後の維持管理を実施。
ソーラー式全自動潅水システムとドリップチューブを利用した全自動潅水システムを施工。その後のメンテナンスも担当。
施工日 平成23年12月
施工場所 大阪府松原市







 


 


ページトップへ