ミソハギ(№340)

 ミソハギは盆花としてよく知られています。用水路脇、水田畦際、農耕地周辺の湿地に多く8月に開花することからショウリョウバナとも呼ばれます。溝に生えるハギのような花あるいは禊(みそぎ)に使った花の意味でミソハギと呼ばれるようです。
 開花中のミソハギの花を正面から見ると、雌しべが花弁より長くその周囲に雄しべが見える花、雄しべのみが見え中のほうに雌しべが見える花、覗き込むとかろうじて雄しべだけが見える花の3種類があることに気がつきます。ミソハギの雄しべは12本あり、その内6本は長く、6本が短いのが普通です。雌しべの柱頭は長い雄しべより長く飛び出したもの(長花柱花)、長い雄しべと短い雄しべの中間の長さのもの(中花柱花)、短い雄しべより更に短いもの(短花柱花)の3種が見られます。このように花によって雌しべ、雄しべの長さ関係が異なる花を異花柱性(異形花柱性、異形蕊性)と呼びます。代表的なものとして、2つのタイプのある2形花柱性(サクラソウ、ナス等)、と3形花柱性(ミソハギ、アサザ等)があります。このような花を咲かせる植物は基本的には自家不和合性でお互いに別タイプの花同士で受粉しやすい性格を持っています。これも自家受粉を防ぎ出来るだけ良質の子孫を残すための工夫といえるでしょう。
 茎の断面は四角で葉は十字対生です。花のタイプは株ごとに一定のようです。全草を乾燥し漢方薬の千屈菜として下痢止めなどに使われるそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
%e3%81%bf%e3%81%9d%e9%95%b7%e5%88%86
▲長花柱花
▲上から  雌しべー長い雄しべー短い雄しべ
%e3%81%bf%e3%81%9d%e4%b8%ad
%e3%81%bf%e3%81%9d%e4%b8%ad%e5%88%86
▲中花柱花
▲上から  長い雄しべー雌しべー短い雄しべ
%e3%81%bf%e3%81%9d%e7%9f%ad
%e3%81%bf%e3%81%9d%e7%9f%ad%e5%88%86
▲短花柱花
▲上から  長い雄しべー短い雄しべー雌しべ
%e3%81%bf%e3%81%9d%e5%85%a8
▲ミソハギ

トモンハナバチ(№304)

 夏になると大阪市立長居植物園のハーブ園を飛び回るおしゃれな蜂が見られます。黒い腹部に黄色の縞模様を付けており、よく目立ちます。トモンハナバチといい比較的発生地が局限され、栃木県では絶滅危惧Ⅱ類、京都府では要注目種になっています。
ハキリバチ科のハナバチで年1回発生します。ミソハギ、ニンジンボク、ネジバナ、ハーブ(キダチハッカなど)などを吸蜜します。成虫の体長は雌14mm、オス18mmでオスのほうが大きいハキリバチの仲間です。メス成虫は腹部に10個の黄色紋があり、これがトモンハナバチの名前のいわれですが、オス成虫には12紋ありオスはジュウニモンハナバチというべきでしょうか。 この蜂は竹筒、ヨシ、甲虫などが開けた穴を巣に利用し、花粉団子を中にいれそこに卵を産みます。産卵後、ハキリバチの仲間は部屋の仕切りに切り取った植物の葉を利用することが多いのですが、トモンハナバチは植物(ヨモギやアザミなど)の綿毛をかき集めて利用するそうです。綿毛に囲まれて育つ幼虫はさぞかし優雅な生活を送ることでしょう。
▲トモンハナバチ雌成虫
▲交尾中のトモンハナバチ(左:雄、右:雌)

(植物・菌ほか)

アオギリ(№122)
アカマツ(№282)
アジサイ(№44)
アベリア(№276)
アメリカディゴ(№263)
アメリカネナシカズラ(№161)
アレチマツヨイグサ(№18)
イシクラゲ(№181)
イチョウ(№134)
イチョウ-2(№308)
イヌノフグリ(№324)
イヌマキ(№22)
イモガオ?(№48)
ウチワサボテン(№194)
ウンシュウミカンの花(№260)
ウメノキゴケ(№171)
オオアカウキクサ(№104)
オオイヌノフグリ(№71)
オオオナモミ(№203)
オオキンケイギク(№366)
オオバコ(№92)
オキザリス(№319)
オジギソウ(№333)
オニバス(№164)
カエンタケ(№344)
カギカズラ(№80)
カニクサ(№287)
カラスノエンドウ(№77)
カラスノエンドウ(№258)
カラスビシャク(№296)
カンナ(№86)
キキョウ(№53)
キバナコスモス(№311)
キュウリ(№50)
キョウチクトウ花(№83)
キョウチクトウ果実(№144)
キンギョソウ(№26)
ギンモクセイ(№137)
ギンヨウアカシア(№364)
ギンリョウソウ(№331)
クサギ(№89)
クズ(№197)
クスノキ(№75)
クチナシ(№59)
クヌギ(№236)
クリ(№342)
クロガネモチ(№241)
クロマツ(№167)
ケヤキ(№349)
ゲンノショウコ(№200)
コウヤマキ(№280)
ゴキヅル(№239)
コクサギ(№330)
コセンダングサ(№62)
ゴーヤ(№266)
サクラソウ(№32)
サザンカ(№244)
サルスベリ(№13)
サンゴジュ(№285)
シナサワグルミ(№65)
シナレンギョウ(№110)
シャガ(№316)ジャカランダ(№372)
ジャケツイバラ(№175)
シラン(№187)
シリブカガシ(№211)
シロバナタンポポ(№218)
スイセン(№169)
スイートコーン(№116)
スギ(№178)
ススキ(№128)
スモークツリー(№373)
ゼニゴケ(№325)
セリバオウレン(№252)
センダン(№243)
ソシンロウバイ(№173)
ソメイヨシノ(№215)
ソヨゴ(№305)
ダイオウショウ(№154)
タカサゴフヨウ(№158)
タカサゴユリ(№269)
タラヨウ(№339)
タンポポ(№2)
チヂミザサ(№274)
ツタ(№335)
ツバキ(№291)
ツバキキンカクチャワンダケ(№183)
ツユクサ(№10)
ツリフネソウ(№206)
ツルニンジン(№347)
ツワブキ(№95)
テイカカズラ(№299)
デージー(№146)
トクサ(№279)
ドクダミ(№189)
トゲヂシャ(№369)
トチノキ(№360)
ナギ(№98)
ナラ類ムラサキカビ病(№314)
ナンキンハゼ(№191)
ナンバンギセル(№302)
ニオイタチツボスミレ(№221)
ニオイバンマツリ(№4)
ネコヤナギ(№358)
ネジキ(№327)
ネムノキ(№119)
ハイイロフクロホコリ(№375)
ハナイカダ(№367)
ハラン(№38)
ハンゲショウ(№120)
ヒイラギナンテン(№289)
ヒガンバナ(№213)
ヒサカキ(№328)
ヒノキバヤドリギ(№131)
ヒマワリ(№56)
ヒメジョオン(№152)
ヒラドツツジ(№41)
フキノトウ(№107)
フユノハナワラビ(№351)
ブラシノキ(№272)
ベゴニア(№9)
ベロニカ・オックスフォード(№140)
ボケ(赤星病)(№113)
ホタルブクロ(№230)
ホトケノザ(№36)
ポプラ(№125)
マダケ(№257)
マダケの花(№355)
マタタビ(№224)
マツカサ(№246)
マムシグサ(№185)
マメヅタ(№321)
マンデビラ(№233)
マンネンロウ(№254)
マンリョウ(№177)
ミソハギ(№340)
メタセコイア(№277)
メラノキシロンアカシヤ(№249)
モウセンゴケ(№156)
モクレン(№142)
ヤエムグラ(№370)
ヤツデ(№29)
ヤドリギ(№357)
ヤブカラシ(№227)
ヤブツバキ(№68)
ヤブツルアヅキ(№20)
ヤブデマリ(№337)
ヤブラン(№101)
ヤマブキ(№149)
ヤマボウシ(№250)
ユーカリ(№283)
ユキワリイチゲ(№180)
ユリ(№209)
リュウノヒゲ(タマリュウ)(№317)
リョウブ(№353)
ロウバイ(№318)
ロゼット(№322)
ワイヤープランツ(№247)

ページトップへ