ガロアムシ(№465)

 正月明けの谷道でイノシシが土を掘り返した跡に出会いました。斜面の上からの落石や、落ち葉が溜まった少し平坦になったところです。イノシシがミミズや、越冬中の昆虫などを捜したのでしょう。冬季には石の下などで越冬する昆虫が見られます。何気なく石を動かしたところ、体長2.5㎝程度の黄褐色の昆虫がじっとしていました。ハネカクシ?ハサミムシかな?とよく見ると、大きい、色が黒くない、ハサミもない、おまけに昆虫の特徴である翅がない。しかし6本足、体は頭部、胸部、腹部に分かれておりやはり昆虫?気温が低いためか時々触角を僅かに動かすだけでじっとしているため、とりあえず写真に収めました。ファインダーを通して覗きながらひょっとしてガロアムシでは?採集しようとすると素早く逃げ、石の隙間に潜り込んでしまいます。体は柔らかく、採集に気を使いました。尾端に産卵管が見られることからメス成虫でしょう。
 ガロアムシは氷河時代の遺存種として注目されている昆虫ですが、冷涼で湿っぽい土中、石の下、洞窟などに生存しており、なかなか人目に触れることが無い希少種として知られています。かつては翅を持っていたと考えられており(翅を持った先祖の化石が見つかっている、解剖すると翅を動かす筋肉が見られる等)何故翅をなくしたのか分かりませんが、翅を持たないため限られた場所にしか分布しないようです。また、土中生活のため複眼は退化しています。肉食のようで、大きな顎を持っています。幼虫は体色が白いだけで形は成虫とほとんど変わらない不完全変態です。幼虫は5~7年で成虫になり、成虫寿命は1~2年と言われており昆虫の中では長寿と言えるでしょう。日本には5,6種類存在するようですが標本が少なく分類も進んでいないのが実情です。最近のDNA解析などで、バッタ、カマキリ、ゴキブリなどと共通の祖先をもつらしいことが解ってきました。
 ガロアムシの名前は1914年、フランスの外交官E.Galloisが中禅寺湖で発見したことから名づけられたものです。
(*画像をクリックすると拡大されます)
▲ガロアムシメス成虫
▲ガロアムシメス成虫

                        homeへ


ページトップへ