ウスタビガ(№399)

 冬の林道を歩くと、葉を落とした枝先に薄緑色で長さ4cm程度の繭がぶら下がっているのを見つけることがあります。これはチョウ目ヤママユガ科のウスタビガと呼ばれる蛾のマユです。
 ウスタビガはヤママユの仲間としてはやや小さめ(開長90~110mm)の蛾で、成虫は黄色~黄褐色の翅に一つの丸い紋を持っています。成虫は10~11月に現れますが口器は退化し餌を摂ることもなく、雌のマユの上で交尾しマユの上にも数個を産卵し冬までに死亡します。冬は卵で越します。春、孵化した幼虫はサクラ、カエデ、クリ、カシワ、ケヤキ、エノキ、クヌギ、コナラ等の葉を食べますが発生数が少なく問題になることは殆どありません。幼虫は強く触れると「キュー」と鳴くことでも知られています。6月中旬に薄緑色のマユの中で蛹になりますが、マユは葉の付け根にぶら下がるため葉の色に同化し見事な保護色となっています。しかし冬になり葉が茶色く変わるとマユが目立つようになります。
 マユは葉柄にぶら下がるためか、葉が落ちてもマユは落ちないように、マユから枝まで糸を吐いて強く太い柄をつくり固着させます。またマユの上部は成虫が這い出せるように隙間があり、下部には排水口があり雨の水が抜けるようになっています。別名の「ヤマカマス」はマユがカマス(二つ折りのむしろ)に似ていることから、また「ウスタビガ」はマユが足袋の形に似ていることから呼ばれるそうです。
 なおこのマユからはカイコのように糸を取ることは出来ないそうです。
(*画像をクリックすると拡大されます)
▲マユの下部に開いた穴
▲葉柄に固着したマユ(長い柄が見える)

                                                                                           homeへ


ページトップへ