チャコウラナメクジ(№462)

 植木鉢の裏を恰好の住処としている生き物。その代表はナメクジ類でしょう。直射日光は当たらない、天敵にも見つからない、定期的に水も撒かれいつも高湿度、鉢の上には柔らかくておいしそうな植物が植えられているなど植木鉢の裏はナメクジ類にとって衣食住の揃った安住の地であります。
 ところで、ナメクジを愛でる人は少数派に違いないと思われます。しかし、エスカルゴとなると高級料理として、羨望の的になることもありますね。ナメクジもエスカルゴも軟体動物門ー腹足綱ー有肺亜綱ー柄眼目に属する兄弟です。水中生活をする貝類、イカ、ウミウシなどとも親せきで、ナメクジは肺呼吸する点が異なります。最近、関西でよく見られるのはチャコウラナメクジで体長5~7cm、茶褐色の体の背面中央付近に、灰褐色の2本の筋を付けた甲羅が見られます。もともとは欧州原産の外来種で、米軍とともに日本に侵入したと言われています。現在関西地方にはチャコウラナメクジ、ヤマナメクジ、フタスジナメクジ、コウラナメクジなどがいますがすべて植物食の動物です(沖縄にはイボイボナメクジと呼ばれる肉食のナメクジもいます)。
 ナメクジ類はムチンと呼ばれる粘液を出しますが、これは歩行時の潤滑油、保湿、ぶら下がるために使用などの役目があります。乾くとテカテカと光りナメクジが歩いた跡として残ります。また、雌雄同体で、同じ個体にメス、オスの生殖器官を有し2匹で交尾して産卵します。産卵は冬季に見られ、直径2~3mmの白色の卵を数個~数十個固めて産みます。天敵はコウガイビル、モグラ、カラス、カエル、イモリ、トカゲ、オサムシなどがあげられます。口には多数の歯が生えた舌があり、これを使って、植物をこそげ取るように食べます。花や野菜の害虫であるばかりか南方では広東住血線虫を媒介することもあるそうです。
(*画像をクリックすると拡大されます)
 
 
◀チャコウラナメクジ

                         homeへ

イズセンリョウ(№461)

 冬の山道で小さな白い果実をつけた低木を見かけました。サクラソウ科イズセンリョウ属のイズセンリョウです。
 イズセンリョウは常緑低木で、高さ1mぐらいになりますが、枝は分枝しないため長くなると枝垂れるようになります。雌雄異株で、冬に蕾をつけ、4~6月に5mm程度で筒状の目だたない花を開きます。果実は秋から冬に黄白色に熟します。雌株では果実と蕾を同時に付けているのが見られます。厳冬期に白色の果実を付けるため、庭木として栽培されることもありますが枝ぶりがだらしなくあまり好まれないようです。茎には多くの皮目が見られます。
 よほどまずいのか、鹿が忌避して食べないため奈良春日山ではナギなどと共に群落をつくることがあります。しかし最近、奈良では鹿のエサが不足し今まで忌避していたイズセンリョウにも鹿による食害が見られるようになりました。
 関東以南の湿った林床に多く、中国では「杜茎山」として葉や根を風邪薬に使うようです。伊豆の伊豆山神社に多くみられ、センリョウに似るところからイズセンリョウと呼ばれるようになりました。
(*画像をクリックすると拡大されます)
▲イズセンリョウ群落(雄株)
▲イズセンリョウ(雌株) 蕾(左側)と果実(右側)
▲果実
▲茎(多数の皮目が見られる)

                         homeへ

ユリカモメ(№460)

 冬の海岸、河川、沼地でよく見られる鳥に、カモメがいます。関西では瀬戸内沿岸や京都市の加茂川などで毎年見ることができます。このカモメはユリカモメで、ユーラシア大陸の温帯、亜寒帯で繁殖し、日本へはカムチャッカ方面から3000kmを飛び、冬鳥として渡ってきます。全長40㎝程度の小型のカモメで、脚と嘴は赤く、眼の後ろに黒い斑点があり、頭の上には両眼をつなぐヘッドフォンのような淡灰色班が見られます。
 昼間はエサ場付近に群生し、夜は海上、湖上で過ごします。京都市の加茂川でも昼間見ることができますが、この群れは夜には琵琶湖へ帰るそうです。小魚、甲殻類、昆虫、植物の種子などをエサとし、人が与えるパン屑に集まることもあり人気のある鳥ですが、比較的気が荒く、やかましく鳴きかわしながら、仲間同士やごみ置き場でカラスとエサを取り合ったりします。
 暖かくなると、頭の羽根が黒く変わりますが、このころには北の方へ帰りますので頭の黒いユリカモメはほとんど見ることができません。
(*画像をクリックすると拡大されます)
▲磯に集まったユリカモメ
▲冬羽のユリカモメ
▲飛翔中のユリカモメ

                        homeへ

Older Posts

ページトップへ