フタバアオイ(№621)


 京都の葵祭でカツラの葉とともに装飾に使われるのはフタバアオイです。北海道から九州までの半日蔭林内に自生するウマノスズクサ科カンアオイ属の落葉性多年草です。草丈10~20㎝で1本の茎の先に2枚の葉をつけることからフタバアオイと呼ばれます。また、葵祭に使われることからカモアオイとも呼ばれます。
 カンアオイの仲間に分類されますが、冬季に落葉すること、花は地際ではなく地上数cmの高さで咲くこと、葉が2葉であること、地下茎を伸ばして増えるため大群落を作ることなど他のカンアオイの仲間とはかなり異なると言えるでしょう。花は3~5月に葉柄の付け根から花柄を伸ばしその先にお椀を伏せたような形で1花が下向きにぶら下がります。花には花弁はなく、写真の紫色の部分はガク片で、3枚のがく片が中ほどから外側へ反り返り、ガク筒に接してお椀のような形となっています。花には合着した6本の雌しべとそれに接して12本の雄しべが見られます。蜜も出さず、匂いもないため昆虫による受粉よりも自家受粉を選んでいるのかもしれません。種子にはエライオソームがあり、アリが種子分散を助けるようです。
(*画像をクリックすると拡大されます)

▲群生するフタバアオイ(花は葉の下に隠れ見えない)
▲フタバアオイの葉柄(茎から2枚でる)
▲花(2枚の葉の付け根から1本の花柄が出て下向きに咲く)
▲花(上に向けてみた)

 

homeへ

ヨモギエボシタマバエ(№620)

 5月、ヨモギが大きく育ちはじめました。そのような中、葉にちいさな烏帽子のような形をした紅色のこぶが目立ち始めました。ヨモギハエボシフシ(ヨモギエボシタマバエによる虫えい)です。ヨモギエボシタマバエがヨモギに産卵し、幼虫がヨモギに働きかけコブを作らせます。コブの大きさは、直径1,6~3,5mm、高さ1,6~8,0mmで、コブは葉の表面側に大きく育ち、裏は僅かに膨らむ程度です。また、葉以外にも、茎などにこぶができることもあります。コブを割ってみると、中に1匹の幼虫が見られます。幼虫はこのこぶの中で育ちやがて蛹になり、コブの先端から身を乗り出して羽化します。蛹の脱皮がらはコブの先端に残ります。成虫は体長2,0mm程度の小型のタマバエでメスは赤褐色、オスは黒褐色をしています。この後11月頃まで数世代を繰り返すようですが、詳しい生態などはわかっていません。
 なお、虫えいの呼び方は
「植物名+形成部位+形状+フシ」でヨモギハエボシフシとなり、原因昆虫(ヨモギエボシタマバエ)とは別の呼び方をされます。
 (*画像をクリックすると拡大されます)
▲ヨモギの葉に見られるヨモギハエボシフシ
▲虫エイの裏側
▲茎に作られた虫エイ
▲虫エイの中の蛹
▲虫エイに残る羽化がら
▲ヨモギエボシタマバエ
▲ヨモギエボシタマバエ(罫線は1mm)

homeへ

カヤラン(№619)

 4~5月になると常緑樹林の枝や幹に直径1㎝程度の小さな黄色の花をつける着生ランを見ることがあります。1本の茎に多数の葉を互生につけ5~10㎝の長さで下垂しています。その様子がカヤの葉に似ているところからカヤラン(ラン科カヤラン属)と呼ばれています。茎の先端近くの葉腋から花柄を伸ばし、3,4個の黄色い花を付けます。花は丸みを帯び、唇弁には赤褐色の縞模様が見られます。
 岩手以南の本州、四国、九州にあるスギ、モミ、カヤなどの常緑樹林内では比較的よく見られますが、最近は減少しつつあるようです。高所に着生していることが多く肉眼では見つけることがむつかしいですが、根が弱いのでしょうか強風で落下しているものをよく見かけます。1日花で、その果実は長さ2~3㎝になり、植物体の割には大きくなります。
 山地ではよく見られますが、環境適応性が弱く街中での栽培はむつかしいものの一つです。
(*画像をクリックすると拡大されます)
◀カヤラン

homeへ

Older Posts

ページトップへ