紅葉(No.28)


2018年11月9日

Sです。

1年で一番きれいな時季と言っても過言ではない秋の季節です!
その秋の風情を楽しめるのが紅葉(こうよう)です。紅葉というのは東アジア、北アメリカ東部、ヨーロッパの一部など海外でも見られますが、「世界一美しい」のは、やはり日本のものと言われています。
その理由は日本で紅葉する樹木の種類が海外に比べて多く、赤や黄に色づくとともに緑も加わり多彩な色の変化も楽しめるということです。更に、これら色のコントラストに加えて、落葉も絵になる美しさにあるように、人の心に響く情緒や情景も魅力の一つと言えます。

ところで人に感動を与える紅葉という漢字は、「もみじ」とも読むことができます。
「こうよう」と読む場合は、秋に葉の色が赤・黄に変わる様子を伝えるとき!
「もみじ」と読む場合は、ひときわ紅色が目立つカエデ類の葉っぱ、つまりモミジのことをさすとき! といった使い分けがされているようです。

ちなみに紅葉(こうよう)で代表的なイチョウ、ケヤキは日本の街路樹で植わっている樹木の数 ベスト3<1位イチョウ、2位サクラ、3位ケヤキ>に入っています。参考までにイチョウの場合は黄葉(こうよう)と書く場合もあります。

御堂筋イチョウ並木(大阪市)

 

三国ヶ丘けやき通り(堺市)

秋の風物詩であります“紅葉を見にいく”ことを、紅葉(もみじ)狩りと言いますが、古来より日本人は四季のうつろいを敏感に感じ、様々な形で愛でてきました。
紅葉狩りの様子は「万葉集」や「源氏物語」にも紹介されており、宮廷や貴族たちの間で行なわれた優雅な遊びの一種だったようです。一般庶民にまで紅葉狩りが広まったのは、江戸時代中期と言われ、「都名所図会(みやこめいしょずえ)」という、旅のガイドブックのようなものが発行され、紅葉の名所が紹介されたことで、人々が押し寄せるようになったそうです。
このころになると、今と同じように紅葉の木の下でお弁当を食べたり、お酒を飲んだりして宴を催すなど現代とほぼ同じような楽しみ方をしていたようです。

この時季しみじみ思うのは、日本にうまれてよかったなということです♪♪

♪秋の夕日に照る山もみじ
濃いも薄いも数ある中に
松をいろどるカエデやツタは
山のふもとの裾模樣(すそもよう)♪

未来の庭のために出来ること(No.27)


2018年10月26日

Uです。

近年、何かと注目を浴びている「終活」
生前に、葬儀の段取りや身辺整理、墓終いをする事によって、
自分の亡くなった後、身内の方や、周りの方の負担を軽減する・・・といったものですが、

造園業の立場から見ると、それはご自宅の庭にも当てはまるものと思っています。

お庭の管理は、年齢と共に自分でできる範囲が少なくなってきます。
そこで終活の一環として見た場合、生垣をフェンスに代えたり、雑草の良く生える場所をレンガの園路にしたり、草の生えない土を敷くことで管理しやすくする。

さらに、要らない樹木を伐採したり、思い入れのある植木を子供や知人の家の庭に移植する。この様に木を減らす事で、庭の風通しを良くし、年齢と共に管理しやすい庭に変えていく

「庭仕舞い」(にわじまい)というとりくみをもっと浸透させていきたいと考えています。

当社に剪定や除草など庭の管理のご依頼をされる方の多くは、ご高齢です。
自分達で出来ない分、私たちの様な造園業者に頼まざるを得ないのが実情です。

お庭を手入れする費用は、決して安いものではありません。
それは庭の広さや木の数によって比例して増えていきます。

従って、徐々に維持管理しやすい庭に移行していく事も終活の一つだとも言えます。

終活する中で「庭仕舞い」のウエイトを少しだけ増やしてみてはいかがでしょうか。

 

南国土佐へ(No.26)


2018年10月23日

Mです。

1泊2日で行ってきました。
以前から龍馬のふるさと桂浜に一度行きたくて・・・

大阪発で1泊2日、観光に時間を取りたいので
往路は飛行機にしました。
伊丹から空路で40分間、お昼には到着です。
まずはJR高知駅までバスで移動、
高知駅前には維新で活躍した坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太の
大きな銅像が出迎えてくれます。

近くには「坊さんカンザシ」で有名なはりまや橋

桂浜に行き、やっと会えた龍馬の銅像です。
薩長同盟、大政奉還、歴史的な大仕事をなしとげ、
いまは静かに海を眺める龍馬の姿のようでした。

 

お宿は高知市内の南水という龍馬生誕の地に立てられた施設で
感慨もひとしおでした。

翌日は高知城を見学
関が原の合戦の後は山之内家が代々住まわれたという風格のあるお城です。
天守までの道には古い石垣や追手門、内部も江戸時代に立てられたままに残っていて
とても見ごたえのあるお城です。

龍馬記念館や歴史博物館も見ることが出来たし
名物のかつおのたたき、お皿一杯のさわち料理もいただいて
身も心も、お腹も満足の旅でした。

Newer PostsOlder Posts

ページトップへ