春よ、来い!(No.60)


2020年2月4日

Sです

節分を終え立春を迎えました!『立春大吉』という言葉があります。 “除災招福”の意味をもつとても縁起のよい言葉だということです。

最近では見かけないようですが、立春大吉のお札を立春の日に門に貼る家や寺があります。これはお正月飾りのしめ飾りをして魔除けをする意味があるのと同じで、その立春版と言うことで節分にも関係しているようです。
節分ではご存知のように豆をまいて悪気邪鬼を追い払いますが、立春大吉も同じように立春という季節の変わり目に、その邪鬼を追い払うために門に貼るようになったそうです。

 

何故貼るかと言うと・・!
「立春大吉」という言葉は、左右対称なので、お札を表から見ても裏から見ても同じように見える!そのためお札を玄関などに貼っておくと、鬼が入ってきて振り返った時に全く同じ「立春大吉」の文字を見て、「まだこの家に入っていなかったのか?」と勘違いして入っていく?!(出ていく)ということで、“鬼が出ていくので”一年間平穏無事に過ごせるということです。

古来より二十四節気という言葉があります!四季がはっきりして季節の移り変わりを肌で感じることのできる日本だからこそ根付いた言葉で、1年を24の期間に分けたものだそうです。厳しい寒さが過ぎて、徐々に暖かく、柔らかくなっていく日差しに心が浮き立つ春を楽しむため、暮らしに深く根付いたそうで、暦の上の春は、立春から立夏の前日までをさすようです。
最近では季節の区切りが分かりづらくはなってきていますが、春というだけでうきうきするのは皆同じ思いではないでしょうか?

特に私の場合は、松任谷 由実さんの曲を耳にすると、春を心待ちにする気持ちが強まります。!(^^)!

「春よ、来い」♪

淡き光を立つ 俄雨
いとし面影の沈丁花

溢るる涙の蕾から
ひとつ ひとつ香り始める

それは それは 空を越えて
やがて やがて 迎えに来る

春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに
愛をくれし君の なつかしき声がする

恭賀新年!(No.59)


2020年1月7日

Sです。

新年あけましておめでとうございます。
令和という新しい年号がスタートし、2年目の今年は東京オリンピックも控え、さらなる飛躍の年にしたいところです!
昨年お世話になりましたお客様はじめ多くの関係者の皆様にとりましても、良い年を迎えられたことと思います。どうか今年も昨年同様良い年となりますよう祈念いたしております。

ところで子年というのは、十二支のサイクルがスタートする年です!
その謂れは「神様が動物たちにレースの参加を呼びかけ、その条件として最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にしてあげよう」という内容でした。足の遅いうしが誰よりも早く夜明け前に出発し、そのうしの背中にのったねずみが、我こそが1番とゴール寸前のうしの背中から飛び降り1番になったという十二支の話としてあります。この話からはねずみはしたたかでちゃっかりしたイメージがあります!

その一方で

【ねずみは大黒様の使いとされ豊かな実りや財力を意味する縁起のいい動物】【ねずみは子どもをたくさん産むことから繁栄の象徴とされ、子年は上げ相場になるといわれている。】などのたとえもあります。

こういった情報も含めて、今年1年は子年にふさわしく繁栄の年にしたいものです!
ちなみに私は年男で還暦を迎えます。個人的にも良い年になるよう、今年1年を過ごすつもりです。

御用納め!(No.58)


2019年12月27日

Sです。

今年もまもなく終わろうとしています!
5月1日に新元号が変わり、今年の漢字第1位にも選ばれた「令」の文字の入った、令和という新たな時代の幕開けに期待もふくらみ、いつもと違う何かワクワクする年の瀬を迎えています!

池上彰さんがテレビでコメントしていましたが、 「明治、大正、昭和、平成、令和という流れの中、近現代では初めて「退位」という形で元号が変わりました。昭和から平成を経験した人は多いと思いますが、昭和天皇が崩御された悲しみの中でしたから、平成の発表の時は「これで時代が変わったんだ」と言っても、”良かった”というより、国全体が沈痛な雰囲気の方が大きく、なんとも言えない思いで受け止めていたように思います。そうした点では、今回は本当に手放しで「おめでとうございます」と言ってもいいのでは!」と、さらに万葉学者の中西進先生が令和の意味することは、「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉だ」とも述べていました。

このように穏やかな気持ちで、尚且つ晴れがましい雰囲気で迎えた新しい元号がスタートし、心機一転取り組んでいこうという機運が盛りあがっているように感じます!

さらに来年は東京オリンピックも開催され、ますます活気づくことであろうと信じています。

例年のごとく慌ただしい年末を過ごし、本日お客様のところに門松を配達し、すべての業務を終了し無事に御用納めを迎えることができたことはうれしい限りで、これも偏に当社スタッフはじめお客様のおかげと感謝申し上げる次第です。

来年も皆様にとりまして「明るい年!」となりますように祈念いたしております。どうか来年もよろしくお願いもうしあげます。

Older Posts

ページトップへ