秋の植物園(No.55)


2019年11月26日

Sです。

大阪市立大学理工学部附属植物園を訪ねました。
一般的な植物園のイメージだと花壇があり園芸種の植物が華やいだ雰囲気を醸し出していますが、どちらかと言うと地味な雰囲気です!しかし日本産樹木の収集に力を注いでおり、約26haの園内(甲子園球場の6倍)には、約6,000種類、約30,000本もの植物が育てられており、日本の代表的な11種類の森を復元展示。絶滅が心配されている植物の育成にも力を入れている樹木に特化したわが国でも有数の植物園です!

ちょうど訪れたときが、園内ガイドツアーが始まるグッドタイミングだったので、園職員の方の詳しい案内を聞くことができました。

【ここからは職員の説明から抜粋】近年、生育環境悪化に伴い、多くの野生植物が絶滅を危惧されるようになり、大きな問題となっていますが、園では特に大阪近郊の絶滅が危惧される植物の保全に向けた取り組みも始めています。その一部を展示栽培しています。
その中にはシラン、ユキヤナギといったよく見聞きする植物があります。到底“絶滅?”と思えない植物なのに・・・?何故絶滅危惧種なのかというのは、家庭の庭などに植わっていても、自然の状態で生育していない植物は絶滅危惧種だそうです!
他にもフジバカマ、オミナエシ、キキョウども名前をよく知った名前もありました。ハ―ブ園ではコリアンダーの紹介があり、あのパクチーだとわかり親近感がわきました。更に根から美味しいダシがとれるというのも意外でした。

ツアー移動中は主に樹木の紹介がほとんどでした。過去には大量に植えられ街路樹などにもよく使われているキョウチクトウが燃やすと有毒ガスが出るということや、ナンキンハゼも発がん性物質が含まれているといった話からは、街路樹などよく見かけるものだけに考えさせられました!

日本産樹木の見本園では、トベラについては潮水かかっても大丈夫で乾燥にも強い常緑樹ということで、海外でも活躍しているということ。
木の名前の由来では、カゴノキはその木肌が鹿のバンビに似ていることから!バクチノキは樹皮がめくれやすいことから博打で身ぐるみはがされる意味からつけられたなど!非常にユニークな話でした。
スダジイとツブラジイが並んで植えてある場所では、この二つの木のどんぐりは食べられるというのもわかりました!

紅葉と花の時期が重なる珍しい木としてマルバノキが紹介!またイスノキにできている「虫(ちゅう)えい」というのも初めて見ました。虫はあちらこちらの木に本宅?や別荘?があり、移り住むらしいですが、アブラムシの住処となっているのがこの虫こぶとのことを「虫えい」というとのこと!。        (写真は虫えい)

少し歩いても非常に興味深い面白い木の話が聞けるので、結構アップダウンのある道を飽きさせず疲れさせずに案内する職員の方には感心しました!

特に面白かった木は落葉樹でムクロジ。そこで職員の方が実験しますとペットボトルの水に、落ちているムクロジ実を拾い、殻をとって黄色い果肉をちぎって降りだすと、あっという間にシャボンになりました。この実のことをウォッシュナッツと言うそうで、身体に優しい天然素材が注目される昨今、このウォッシュナッツの石鹸は販売されているようです!ちなみに中の黒い実は数珠や羽子板の玉にも使われていたのこと!勉強になります!

1時間の予定のガイドツアーでしたが、あっと言う間に終わり、多少木にかかわる仕事をしているだけに非常に興味深く楽しいひとときでした。

最後に案内がありましたが、昨年の台風21号で樹木が400本以上倒木したとのこと。公園などでは一定の高さで剪定することが多いですが、当園では自然樹形を維持するため、なるべく手を入れずに育成されていました。(写真は倒木したユリノキ)

この植物園のシンボルツリーのメタセコイヤ(生きた化石と呼ばれる)です。ここに来たら30mを超えるメタセコイヤが立ち並ぶ姿は圧巻です!まるで日本ではない風景に浸れます!
是非!大阪市大植物園に一度行ってみてはいかがですか!

腕のみせどころ!(NO.54)


2019年11月21日

Sです。

11月から12月にかけて連日個人邸の剪定作業が目白押しのようにあります。但し、秋から冬にかけて雨が降る場合がよくあり・・この時季のぐずついた天候を「さざんか梅雨」と言うらしいです!
作業の数日前から天気予報とにらめっこしながら、何とか予定通り無事に終えれるよう祈る毎日です!

剪定する木はマツ、マキ、モチノキ、キンモクセイなどなど色々ありますが、生垣のあるお宅もたくさんあります。
特に「カイヅカイブキ」は、生垣などに使われるポピュラーな樹木です。この木の名前を知らない人でも、実物を目にすると「これがカイヅカイブキだったのか」と納得することも多いと思われます。
この植物は比較的育ちやすく、樹形がそろいやすいため、生垣として最適の種類ですが、放置しておくと あっという間に伸び放題になり大変なことになってしまいます!

また頻繁に芽摘みを行っていれば樹形を美しいままに保つことができますが、たまに普通の葉とは違う、細い針葉が出てくることがあります。このような状態を先祖返りといい、この状態のまま何もせずにしておくと同じ葉がどんどん広がってしまいます。先祖返りしている枝葉は成長が早いため、発見した場合は、すぐに処置しなければなりません!

この先祖返りの原因としては、刈込のやりすぎや、強い剪定をしてしまうことで樹木にストレスを与えてしまい、起こってしまいます。そのため、強い剪定や刈込をやりすぎないように気を付けることが大切です。

Oさんはこのカイヅカイブキの生垣剪定が得意です!と言うか大好きです!(^^)!
普通なら高くて長い生垣を見ると、多少うんざりするものですが、Oさんの場合は違います。喜んで嬉々として作業に集中します。そして仕上がった出来栄えを見ると本当に満足そうです。あるとき生垣を切っているOさんが「ここは職人の腕のみせどころ!」とつぶやく姿を見て!【好きこそものの上手なれ】という諺を思い出しました\(^o^)/

秋の京都(No.53)


2019年10月29日

Sです。

京都三大祭の一つ「時代祭」を見に行ってきました。毎年10月22日(794年に長岡京から平安京に都を移された日)に行われていますが、今年の10月22日は「即位礼正殿の儀」が行われたため26日に変更されました。
例年平日で縁がなかったのですが、土曜日ということで初めて見る機会ができました!以前より一度は見てみたいと思っていただけに、始まる前からワクワクしながら待ちわびていると、いよいよ12時のスタート時間となりました!

時代祭は平安神宮創建と平安遷都1100年を記念する行事として明治28年に始まったものです。京都御所を出発し平安神宮までのあいだを、幕末から平安京までの時代時代のスタイルに扮して京都のまちを練り歩く約2000名の時代風俗の行列がみどころになっています。
約2kmにおよぶ華麗な行列は、まるで歴史絵巻を立体的な映画で見るかのような見事なものです!

行列が出発するときは皇宮警察京都護衛署の男女警察官が装束姿で馬上にまたがり先導します。その後から、「ピーヒャラドンドン♪」の太鼓と笛の軽快な音楽にのり維新勤皇隊列の行進が始まります。そして桂小五郎、西郷吉之助、坂本竜馬など幕末の英雄が続きます!江戸時代になると大名行列などもあり、安土桃山時代は豊臣家の朝廷参上や、織田信長が天下統一のため兵を率いて上洛する勇壮な様子を再現!室町時代には足利将軍の一行や室町洛中風俗列の中で行われるにぎやかな「風流踊り」も当時の様子をしのばせます。吉野時代に入ると正義と忠義を貫いた武将“楠木正成”一行が後醍醐天皇の上洛を導く行列もありました。もちろん武士など男性ばかりの行列だけではありません。中世婦人列では淀君(豊臣秀吉の側室)や静御前(源義経の側女)や、平安時代婦人列では巴御前(源義仲の側女)、紫式部や小野小町など華やかで古(いにしえ)の京の都が目に浮かぶ行列も目の前を通り過ぎていきます。

この時代祭が始まる前には、出発地点に待機している行列の参加者がリハーサルしている姿も間近に見ることもできたのも興味深い時間でした!(^^)!♪

御所の沿道は当然大勢の人出でしたが、この日の京都は秋の行楽シーズンとも重なり、時代祭を一目見ようと国内外の観光客で車も人いっぱいで移動するのも大変でしたが、秋の京都を満喫し、京都の歴史も実感できた貴重な一日でした。

Older Posts

ページトップへ